2015年02月06日

輸入手続

輸入手続を体験しました。

---船便でブツが港に届いてから
搬出するまでの手続きについての備忘録---

必要な書類
1. Arrival notice アライバルノーティス
港に荷物が到着しましたよー的書類。

事情もわからずいきなりこれがファックスきた。

なにこれ?的

取りに行ってきてー、的に指示されて
慌てるの巻。
そして悪夢の始まり。

2. B/L ビーエル(船荷証券)
船会社が発行する、港から港まで
荷物をあずかりましたよー的書類。

3. Invoice インボイス(直訳すれば送り状?)
現実的には請求書。
購入先からの書類だね。

4. P/L パッキングリスト
荷物の中身明細。
例えばダンボール梱包10箱であれば、
箱ごとの中身明細です。
これも購入先からの書類だね。

5. D/O (デリバリーオーダー)
荷物を渡せや、という指示書。
Arrival noticeが届くと、船会社に払う手数料が記載されている。
よくわからんけど払わなきゃいけないらしい。
振り込んだらD/Oが届く。
なにこれ?的。

6.輸入許可通知書
税関手続きがおわるともらえます。
合格証みたいでちょっと誇らしい気分になります。
--------------------

基本的には
ネットで海外の商品を買えば、
自宅に届くところまでの処理は業者がやってくれる。
逆に言えばその間の手数料も含まれてるわけやね。

今回はいわゆる
通関手続きを自前でやりました。

やってみて、そういう事か!と分かったのは
○荷物受け取り
○通関手続き
これは別モンということ。
一連の流れになってはいるけれどもね。

流れとすると
1. arrival notice が届く
2. 船会社に金振り込む
3. D/O処理/受理
4. 通関手続き
※必要書類
a インボイス
b アライバルノーティス
c パッキングリスト
d ビーエル
e お金(関税・消費税)… これは予想外にかかりますよ。
税金は購入代金に対するパーセンテージです。
今回はだいたい購入代金の5%分くらいでした。

今回輸入したのは縫製した布製品、クッションがメインでしたが
基本的に商品ごとの数・重量が分かってないといけません。
また素材によって税金が変わってきますので、
原材料はなにか?必ず事前に確認しておきましょう。

商品内容によっては
税関職員が中身を確認するので
倉庫から持ってこいやー、ということがあります。
そうするとめんどくさいです。
なぜなら 倉庫⇔税関 の往復が1回分余計です。

通関手続きが終了すると輸入許可通知書がもらえます。

5. D/Oと輸入許可通知書をもって
倉庫に荷物を取りに行きます。

6. 荷物積んで出発!
--------------------

意外に重要なのは荷物の量です。
仮にトラック借りて取りに行った時、
想定した以上に大量だった!積みきれない!
ってことが怖い。
今回そうなりかけた。

保管倉庫にも(たぶん)手数料は払っているものの、
保管してくれるのは届いてから1週間です。
それ超えると超過料金が取られます。

日を改めるってことは避けたいところ。

以上、
悪夢な一日の思い出でした。


ランキングに参加しました!
クリックありがとうございます。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へにほんブログ村 経営ブログ 経営企画へ
posted by らぐたい at 20:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにがなんだかちんぷんかんぷんですけど、お疲れ様でした。

Posted by 菊 at 2015年02月06日 22:10
思わず

「うわっ!こりゃなんだ!?」

と言ってしまいました。

しかも、とてつもなく重かった!

大変な、時間と労力だったと思います。

本当に本当にお疲れ様でした。
Posted by 菊 at 2015年02月07日 20:45
色付きになっているぅ〜(≧∇≦)
Posted by 菊 at 2015年02月07日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413622812

この記事へのトラックバック